墓じまいする理由で一番多いのは墓守をする跡継ぎが居ないこと

SITEMAP

墓じまい

墓じまいにかかる費用について

墓じまいとは、お墓を処分することです。しかしながら、墓石の処分だけでは墓じまいにはなりません。ここでは、墓じまいにかかる費用の項目についてご説明いたします。まず墓石等の処分費用は墓石等の処分は墓石店や石材店に依頼します。
つぎに遺骨の供養費用ですが、遺骨の供養には様々な方法があります。墓地への合祀、散骨、納骨堂へ納める、永代供養を依頼する、手元で供養するなどです。それぞれの方法で費用は大きく違います。一般的に費用が高くなる傾向にあるのが、納骨堂へ納める方法です。永代供養は依頼するお寺などで大きく違いますので、一概には言えません。墓地への合祀はこれらに比べると費用は安く抑えられる傾向にあります。散骨は専門の業者や法人へ依頼しますので、依頼先によって費用は違います。手元供養では遺骨の洗浄費用程度で収まります。
三つ目に離檀料。これまでお寺にお墓があった場合、墓じまいするということは檀家を離れるということになります。そのため、離檀すると言います。その際に、離檀料、またはお布施という形で金銭を要求される事があります。これは、必ず請求されるわけではなく、金額も数万円から数百万円と様々なので、お寺と相談してみて下さい。
最後に遺骨の洗浄費用です。墓石の撤去の際、同時に依頼することができますし、専門の業者もあります。これらの費用がかかりますので、墓じまいをお考えの際は、用意できる予算を決められると良いでしょう。

墓じまいについて

先祖代々からのお墓について、管理維持を問われる時代になりました。私もそうですが、実家から独立してしまうと、なかなか実家に帰ることはありません。また、今後実家に戻り、仕事をするかどうかもわからない状況下では、先祖お墓をどうすべきかを考えなくてはなりません。しまいには誰にも管理されず、無縁仏となってしまいます。
そこで私は祖父、祖母のお墓について、お寺での永代供養という形で墓じまいをしました。手続きについては、お寺さんと地元の役所とで行いました。ほとんどがお寺さんにコーディネートして頂いた形で、煩わしさは感じませんでした。費用は永代供養と墓じまいにかかる手続きで60万円だったと思います。
私自身は幼い頃から何かある毎に祖父と祖母が眠るお墓にお参りしていました。しかし、そのお墓を墓じまいにするときは、もうこの場所には来ることがなくなることに対して複雑さや寂しさもあり、泣けて来ました。ただ一方で、この先のことを考えると、私自身も家族を連れて実家に戻ることは確率的には少なく、お墓の面倒を見るのは厳しい状態であることには変わりありません。
無縁仏になってしまうのも気がかりでしたし、永代供養であれば、お寺さんへ行けばお参りもできますので、安心しています。寂しさもありますが、将来を見据えて墓じまいにすることも1つのターニングポイントであると思います。

墓じまいのメリットとデメリット

近年、墓じまいという言葉が広く知られるようになりました。ご存じの方も多いと思いますが、墓じまいとは、今ある先祖代々のお墓を自分の代で処分することです。墓石等は石材店に壊してもらい更地に戻します。遺骨は墓地に合祀したり、散骨、永代供養などの方法でお墓が無くなっても供養し続けられるように手配します。墓じまいには、メリットもありますがデメリットもあります。ここでは、それぞれについてご紹介します。
墓じまいのメリット。まずお墓が遠方であったり、体が弱ったりしてなかなかお墓参りに行けない場合、お墓参りの時期になると申し訳ない気持ちになっていたのが、墓じまいをしてきちんと供養の段取りを付けることで、気分が楽になります。次にお墓の維持管理費用が必要なくなります。この費用には、毎年のお墓参りの費用の他、毎年管理費必要であればその費用、お寺との付き合いで毎年住職を呼んでお布施をしたりする費用なども含まれます。また、子供にお墓の世話をさせなくて済みます。
逆に墓じまいのデメリットについてです。まず親族間での話し合いが難航しやすいです。デリケートな問題なので感情的な話し合いになることもしばしばです。次に墓じまいには少なからず費用がかかります。墓石の処分費用や離檀料・お布施といったお寺へのお金などがその費用です。最後に墓じまいに理解のないお寺も存在します。そうしたお寺との交渉は大変なこともあります。

所有しているお墓はどこに属していますか

お墓じまいについては、お墓の管理者がどこに属しているかを考えます。大筋に分けると、宗派に属するお寺の檀家となっている場合、公営墓地などを所有している場合、民間が管理している霊園にお墓を持っている場合となります。いずれにしても、墓じまいには、必ず管理者の承諾が必要となります。その中でも、一番難しいといわれているのが、お寺の檀家となっている場合です。核家族が増えた時代だからこそ、お寺も維持費としての管理料が入ってこなければ、運営が大変なのです。だからといって、継承者がいないと無縁墓地になってしまうと心配します。 全てのお寺とは限りませんが、そのような場合は寺によっては、無縁仏を供養する供養塔なども昨今では見受けられます。埋葬されているお骨はいずれは供養する事が出来ない心配がある場合は、お寺に相談しましょう。又、遺骨の引っ越しとなる改葬の場合は、少し面倒かもしれませんが、やはり事情を話し、ご遺骨をお墓から出してもらう許可を取ります。 お墓じまいとは、ご遺骨を出すとともに、元通りの更地の状態でお墓の場所を返還するので、当然ながら撤去の費用がかかります。又、供養としてもお墓の魂抜きの儀式としてもお経料はかかります。公営墓地も民間もこれは同じです。但し、民間などは一定の決まりに従えば、墓じまいは、費用はかかりますが、事務的な手続きで済みます。


墓じまいにはかなりの費用がかかることもあります。もし検討されているのでしたら、墓じまいの見積もりをまずはお願いするといいでしょう。そのあとに納得できれば、スムーズに対応してもらうことができますので、とりあえず費用の計算から行いましょう。いろいろと大変な墓じまいですので、プロの助けなども借りて行うことをおすすめします。

Recent Information

墓じまいする理由

墓じまいする理由で一番多いのは、墓守をする跡継ぎが居ないことです。自分が居なくなった後に墓守が…

More Detail

墓じまいをした際の遺骨の行き先

昨今、後を継いでくれる墓守がいなくて墓じまいするケースが増えています。お墓を壊して更地にするの…

More Detail

墓じまいに関するトラブル

昨今では、墓じまいを考える方が増えています。自分がいなくなった後、墓の世話をしてくれる人がいな…

More Detail

墓じまいをする際には

自分の家系のお墓が人それぞれにはあると思います。その際にご先祖様のお墓を代々受け継いでいくこと…

More Detail

» SITEMAP