墓じまいする理由で一番多いのは墓守をする跡継ぎが居ないこと

SITEMAP

墓じまい

墓じまいをした際の遺骨の行き先

昨今、後を継いでくれる墓守がいなくて墓じまいするケースが増えています。お墓を壊して更地にするのは墓石店に依頼すればやってくれますが、お墓の中の遺骨をどうしたらよいかについては、普段考えたこともないという方が多いと思います。そこで、墓じまいをした際の遺骨の行き先についてご紹介します。
一つ目は他のお墓へ移す。親戚のお墓と一緒にできる場合、そのお墓に一緒に入れさせてもらいます。二つ目は合祀する。公営墓地で無縁仏の合祀を行っています。そちらに遺骨を入れます。三つめは永代供養を依頼する。お寺を中心に永代供養を受けています。永代供養とは、一般的には、同じく永代供養を依頼された遺骨と同じところに祀って供養します。この際、お寺によって費用はまちまちですし、供養の仕方も宗派によって違いますので、詳しくお話を聞かれると良いでしょう。
四つ目は散骨する。自然葬ともいわれ、木の下に散骨する樹木葬や海に散骨する海洋葬などがありますが、これらと同様に、取り出した遺骨を散骨します。五つ目は手元において供養する。取り出した遺骨を墓石店に依頼して洗浄してもらい、骨壷も新しくします。その上で、ご自宅に安置して供養します。また、骨壷として引き取らなくても、お骨の一部をペンダントなどに加工して身につけることで供養するということもあります。

Recent Information

墓じまいする理由

墓じまいする理由で一番多いのは、墓守をする跡継ぎが居ないことです。自分が居なくなった後に墓守が…

More Detail

墓じまいをした際の遺骨の行き先

昨今、後を継いでくれる墓守がいなくて墓じまいするケースが増えています。お墓を壊して更地にするの…

More Detail

墓じまいに関するトラブル

昨今では、墓じまいを考える方が増えています。自分がいなくなった後、墓の世話をしてくれる人がいな…

More Detail

墓じまいをする際には

自分の家系のお墓が人それぞれにはあると思います。その際にご先祖様のお墓を代々受け継いでいくこと…

More Detail

» SITEMAP